ビタミンの話

「キレイを助けてくれるビタミンの話」

お肌だけでなく健康にも必要不可欠なビタミンのお話です

 

  • 1.ビタミンA
  • 2.ビタミンC
  • 3.ビタミンE

 

 

【1】ビタミンA
〈ビタミンAの働き〉

皮膚や粘膜、目の健康を守るビタミンA。お肌のかさつきを抑えしっとりさせる、美肌のビタミンです。

 

〈ビタミンAの上手な摂取の仕方〉
ビタミンAは動物性の「レチノール」と植物性の「βカロチン」の2種類に分かれます。

 

両方を半々ずつ摂取するのが理想。

○レチノールを多く含む食品

牛・豚・鶏のレバー、うなぎ、あなご、ぎんだら、卵黄、チーズなど

 

○βカロチンを多く含む食品

 かぼちゃ・にんじん・ホウレンソウなどの緑黄色野菜、わかめ、海苔など

 

油を使って調理することで体への吸収率が高まります。

 

生野菜で摂取するときはオリーブオイルで作ったドレッシングをかけるのがおすすめ。

 

また、レチノールは腸で吸収されやすく、過剰摂取すると吐き気などの症状が出ることも。
摂取量に気をつけて!







 

【2】ビタミンC
〈ビタミンCの働き〉

美容のビタミンと聞いて最初に思い浮かべるのがビタミンC。

 

ビタミンCはコラーゲンを合成し、健康な肌や筋肉・骨・血管を作ります。

 

鉄分の吸収を助けてくれたり、発がん物質の働きを抑える…
などいろんな作用があるものの、私たちにとってうれしいのはその「抗酸化作用」。

 

酸化防止剤に使われるほどの抗酸化作用で体のサビ=老化を防いでくれます。

 

〈ビタミンCの上手な摂取の仕方〉

ビタミンCは水溶性で水に溶けやすく熱に弱い栄養素です。

 

かんきつ系の果物やじゃがいも・ブロッコリーなどの野菜にも多く含まれます。

 

通常の食生活を送っていれば不足することはあまりないと言われていたのですが、最近はそうでもないようです。

 

ビタミンCを浪費してしまう要素として日常的なストレスや喫煙が挙げられます。

 

毎日ストレスを感じている人、タバコを吸う人は特にサプリメントなどでビタミンCを補ってあげて下さい。

 

ビタミンの話

 

【3】ビタミンE
〈ビタミンEの働き〉
 強力な抗酸化作用を持つビタミンE。

体内の活性酵素の発生を抑え、細胞の老化を予防してくれます。

 

女性ホルモンと密接な関係があると言われており、更年期障害の軽減や貧血予防にも。

 

〈ビタミンEの上手な摂取の仕方〉

穀物の胚芽や野菜に多く含まれるビタミンE。
落花生・モロヘイヤ・かぼちゃ・赤ピーマン、大根の葉などに多く含まれます。

 

キレイになるには体の中からですね。

 

スキンピールバートップへ戻る