ピーリングの方法とは

ピーリングの方法

ニキビ治療や、シミの改善、アンチエイジングやエステなど。
様々なところでピーリングという言葉をよく耳にするようになりました。
ドラックストアの化粧品コーナーにもピーリングジェルやピーリング石鹸といった製品がずらっと並んでいます。
よく耳にして、口にしているピーリングですが、実際はどういった種類があってどういうものなのかちゃんと理解でしますか?

 

私なんて、なんとなく・・・まぁこんな感じのものでしょ?くらいにしか知りませんでした。でもいろいろ調べるとピーリングって奥が深いんですよね。

 

 

改善したい症状に合わせてピーリングも種類を選ばなきゃ!より効果的で経済的なピーリングを取り入れたいですもんね。その中でも実際にエステなどで行われているピーリングの違いを知っておいて欲しいと思います。

 

ピーリング

 

まず、ピーリングっていうのはそのまま直訳すると「皮をむく」といった感じですが、これだけ聞くとかなり怖いイメージを持ちますよね。実際にピーラーって皮むき器のことですし。まさか肌をあんな感じに剥いたりはしませんので、ご安心を。

 

実際のピーリングは、古くなった肌である角質や汚れなどを柔らかくし落としやすくします。
余分なものを取り除くことによってターンオーバーを促し、本来持っている肌の力に働きかけることを意味しているようです。ターンオーバーを促して肌を再生させるから、ニキビを改善して跡を薄くし、シワやシミなどの改善、美白美容の効果が期待できるってわけです。







エステで利用されているピーリングには種類があって、グリコール酸などのピーリング剤を用いた「ケミカルピーリング」という方法と、光のパワーを利用して刺激を与えて皮膚を活性化させる「レーザーピーリング」というものがあります。

 

そのどちらも古くなったいらない角質を取り除き綺麗にする意味では同じです。違いというと、ケミカルピーリングっていうのは、グリコール酸などのジェルによって、肌の表面の細胞を増殖させ新陳代謝を高めます。そうすることによって、皮脂の分泌も少なくなって毛穴のつまりを改善してくれます。
それに比べてレーザーの方は、皮膚の余計なものを取り除いて、肌へ適度な刺激を与えて活性化させることにより美肌になるって仕組みです。

 

レーザーに不安を持っている人もいると思いますが、基本的には安全で弱いレーザーなので、ほくろを取ったり脱毛の時のレーザーと同じように考えてはダメです。

 

それでも不安な人はケミカルピーリングから始めて見るといいかもしれません。カウンセリングで自分の肌の状態をしっかり伝えておけば、今の自分にあった濃度で施術してもらえると思います。

 

市販のピーリング製品で満足出来ない人は、一度こういった本格的なピーリングを試してみてもいいかもしれません。
とはいえ、逆にエステでの効果が見られずに、市販のピーリング剤に戻ってきた人もいるようです。
人それぞれ合う合わないがありますから、自分のベストなピーリング方法を見つけてみましょう。