ピーリングで背中ニキビケア

背中ニキビ

ピーリングというと、顔へのケアというイメージが強いですよね。
でもピーリングは体中で使われています。
私は数年前にニキビで悩まされていました。そんな時、ピーリング石鹸を使ったりして改善していきました。
私の場合、悩まされたのは顔のニキビでした。しかし、女性の中の4割近くが背中のニキビに悩まされるそうです。
顔のニキビと同じですが、背中ということもあってケアはなかなか難しいようです。

 

 

私の友達も、今現在背中ニキビに悩まされています。皮膚科のケミカルピーリングに通っていいます。実際に少しずつ改善してきているものの、費用はものすごい負担が大きいみたいです。市販のピーリング剤やピーリング効果のあるボディーソープも使っているそうです。

 

そもそも、ニキビは肌に元から存在するアクネ菌が皮脂を食べてアレルギーなどを起こす物質を排出します。それによってニキビは発症します。もちろん、皮脂のつまりが原因だったり、大人ニキビの場合はほかのホルモン的な原因も考えられ要因は様々です。

 

ニキビ跡になってしまった場合、消えるまでは3年以上かかると言われています。

 

ピーリング剤は、皮膚の毛穴に詰まった古い角質を溶かし、肌のターンオーバーを促すことによって新しい皮膚に生まれ変わります。そうすることによって徐々に茶色になってしまった色素沈着部分が薄くなっていくんです。







 

顔なら毎日のケアは鏡を見ながら出来ますが、背中だと難しいですよね。

 

背中ニキビにピーリングを使うのであれば、石鹸タイプか化粧水が便利だと思います。毎日のボディーソープの代わりにピーリング石鹸の薄いものを使ってみてはどうでしょうか。少しずつですが、顔と同様に効果が感じられると思います。顔と比べて皮膚も厚いので、効果は遅いかもしれませんね。

 

また、化粧水タイプのものをスプレーで使うのもいいと思うのですが、やっぱりたっぷりと惜しみなく使うのは難しいと思います。
そこでおすすめなのが、クエン酸を使ったピーリング液です。

 

水とクエン酸を10:1くらいで混ぜとかした液体です。クエン酸は薬局などで安く簡単に手に入ります。
手が届く部分には手で塗って、あとはスプレーボトルに保存して吹きかけるといいですね。量を気にせずたっぷりと使ってもコスパは最高です。5分ほどピーリングパックをして、後は洗い流してOKです。な
れたら希釈を濃くして、パック時間も長くして言ったらいいと思います。

 

ただし、ニキビ自体の炎症がひどく出血がある場合は控えたほうがいいかもしれません。今では様々な背中ニキビ専用の商品も発売されていますので、自分にあった製品を見つけられるといいですね。