熱中症に気をつけて!

「熱中症に気をつけて

 

毎年、何百人もの方が熱中症で亡くなっています。
「私は大丈夫!」と侮らないで、しっかり対策を取りましょうね。

 

 

1.熱中症とは

熱中症とは、人間に元々備わっている「体温の調節機能」がうまく作用せず、体内に熱がこもってしまうことによって引き起こされるいくつかの症状の総称です。

 

大きく分けて4つの症状があります。

 

○熱疲労

屋外での運動や水分不足は血圧の低下を促し、頭痛やめまい、吐き気、脱力感などの原因となります。







○熱けいれん

大量の汗をかいたあと水をがぶのみしたりすると、体内の塩分やミネラルが薄まってしまいます。

 

そのことが原因でお腹やふくらはぎの筋肉が強くけいれんしたり、痛みを感じたりするのが熱けいれんです。

 

 

○熱失神

屋外だけでなく室内でも高温多湿の場所に長くいると末梢血管が拡張し血圧が下がります。
その結果、めまいや失神を引き起こすことがあります。

 

 

○熱射病

熱疲労がひどくなると体温調節を行っている中枢神経そのものが麻痺してしまいます。
体温は40℃以上にもなり、汗をかかなくなります。

 

吐き気・頭痛・意識障害を起こし、放置すれば死に至ることも。
緊急に手当てをする必要があります。

 

 

 

2.熱中症の初期症状

屋外の炎天下だけでなく、室内でも熱中症になる可能性はおおいにあります。

 

そしてその初期症状は案外見落としがちなもの。知らない間に症状が深刻になっていた!なんてこともよくあるそうです。

 

熱中症の初期症状とは…
○唇がしびれる 
○足がつる 
○立ちくらみ 
○全身がだるい 
○脈が速くなる 
○動機・吐き気…

 

と順にどんどん症状がひどくなります。
「夏バテかな」と放っておかず、熱中症を疑い適切な対応を取りましょう。

 

 

3.熱中症の予防と対処法

 

〈予防〉

●外出するときは日傘や帽子を用意・水分(スポーツドリンク)を持ち歩き、のどが渇く前にこまめに水分補給する
 ・室内では無理にクーラーを使用しないのではなく、設定温度を高めにする、扇風機を併用するなどして室温維持につとめる
 ・特にキッチンは熱がこもりやすく湿気も多いため、必ず換気扇を回すなどの対応を。

 

 

 〈対処法〉

・上記のような初期症状が見られたら、とりあえず体を冷やす
・水分と塩分を摂る。
・意識障害を起こしたり、言動がおかしくなるなどの症状が見られたらすぐに救急車を呼び、わきの下・首の後ろ・太ももの内側などを冷やす。

 

皆さま、お肌のスキンケアと同様に、夏の熱中症にも十分注意してくださいね。